月別アーカイブ: 2013年8月

シリーズ名の観察

私がまだ小学生だった頃、週刊ファミコン通信に連載されていた「ファミ通のアレ(仮題)」(作:竹熊健太郎、画:羽生生純)という漫画を毎週楽しみにしていた。そのなかでも、特に印象に残っていて20年ほど経った今でもよく思い出すのが、第56回 「続編」とは何か? という回である。

現在単行本は絶版になっていて薦めることは出来ないのだけれど、なんと最近になってデジタルリマスター版としてウェブで読めるようになったのである。うれしい。というわけで、その漫画がこちら。

 『ファミ通のアレ(仮題)』 第56回 「続編」とは何か?
 電脳MAVO ファミ通のアレ(仮題)デジタルリマスター

このなかで、当時小学生だった私が衝撃を受けたのが、映画「悪名」の命名則のくだりである。「悪名」は、続編のタイトルがこうなっているらしいのだ。

  • 悪名
  • 続悪名
  • 新悪名
  • 続新悪名

もう、これだけで心がしびれる。続編が「続」で、その続編が「新」で、そのまた続編が「続新」なのだ。

この、作中で言うところの「正しいシリーズタイトルの付け方」に感化されて、以来シリーズの命名則みたいなのが気になって仕方がない。iPad2 の次機種が、「iPad3」ではなく「新しいiPad」(New iPad)と発表されたとき、ひとり小躍りしていたのは言うまでもない。Appleの中の人もきっと、「ファミ通のアレ(仮題)」を読んだに違いないのである(憶測)。そしてその次のiPadは、「続・新しいiPad」(Sequel to New iPad)に違いないのである。

ちなみにこの悪名、5作目は「新・続新悪名」ではなく「第三の悪名」だということが紹介されているけれど、その後のシリーズ名も素敵である。Wikipediaの「悪名」の項によると、

  • 悪名
  • 続悪名
  • 新悪名
  • 続新悪名
  • 第三の悪名
  • 悪名市場
  • 悪名波止場
  • 悪名一番
  • 悪名太鼓
  • 悪名幟
  • 悪名無敵
  • 悪名桜
  • 悪名一代
  • 悪名十八番
  • 悪名一番勝負
  • 悪名縄張荒らし

悪名すごい! 実は「悪名」という映画を見たことはないのだけれど、もうタイトルを見ただけでしびれる。こんな素晴らしいシリーズ名は、他に類を見ないと思う。

ただし残念なのが、「悪名縄張荒らし」(しまあらし、と読むらしい)の次からである。2001年に、初代「悪名」がそのまんま「悪名」として再映画化されているらしいのだけど、その続編がなんと「悪名2」なのである。ツー! ナンバリングタイトルに落ちてしまった悪名に明日はあるのか。

そんな悪名の意思を継ぐ(と勝手に決めている)のが、「富江」シリーズである。あの伊藤潤二の「富江」であるが、これまでに8回映画化されているらしい。こちらもWikipediaの「富江」の項から引用すると、

  • 富江
  • 富江 replay
  • 富江 re-birth
  • 富江 最終章 -禁断の果実-
  • 富江 BEGINNING
  • 富江 REVENGE
  • 富江 vs 富江
  • 富江 アンリミテッド

富江すごい! 悪名と違って英語が混じっているところが現代的であるが、その根底に流れるシリーズ命名精神は共通していると言っていい。「悪名」と「富江」、どちらも漢字二文字で、その辺にもシンパシーを感じてしまう。何にせよ、今後の「富江」からは目が離せない。

さて、映画以外のシリーズ名にも目を向けてみる。

まず、花王が発売しているクレンザー、「ホーミング」。このシリーズは、以下のような名称になっている。

こちらは、「(無印)」「ニュー」「スーパー」という、王道的なシリーズ名になっており好感が持てる。ぜひ次は「ハイパーホーミング」を発売して欲しい。ちなみに、ホテルチェーンに「スーパーホテル」と「ハイパーホテル」があるが、これらはシリーズというわけではないようなので注意されたし。

そして最後に見ていくのが、「ユンケル」シリーズである。「ユンケル」に関しては、公式ページにそのシリーズラインナップが一覧で載っているのでありがたい。こちら

ユンケルは、これまで見てきたシリーズ名とは少し毛色が違うのだけれど、非常に高度な命名をしている。まずは、

これは、音引き(ー)によってラインナップを構築しているパターン。ほとんど同じ! ユンケルすごい!

そして、

これは、ハイフン(-)によってラインナップを構築しているパターン。ほとんど同じ! ユンケルすごい!

他にも、

ほとんどのシリーズが「ユンケル」と「黄帝」というパーツから構成されているのに、その「黄帝」があるか無いかでラインナップを構築してしまうパターン。

そして、ほとんどの名前が「ユンケル」と「黄帝」というパーツから構成されているのに、その「黄帝」と「ロイヤル」の並び順でラインナップを構築し、あまつさえそれに「2」などとナンバリングしてしまうパターン。

ユンケルすごい! ここまでくると、もはやユンケルの策(それが何の策かは分からないけれど)にまんまとはまっているのではないかと思えてくる。

かように、シリーズ名を見るだけで人(というか私)はここまで感動できるし、これからも美しいシリーズ名を集めていきたいと思っている。


守れ! エアコン室外機

電子機器を傷や衝撃から守りたい! という欲求は多くの人にあるようで、最近はスマホに保護ケースや保護フィルムを付けてる人がほとんどである。電気店に行ってみたならば、そこには一面の保護ケース畑が広がっており、保護需要の高さを伺い知ることができる。

そんな保護欲求は、スマホのみならず、エアコンの室外機にもあらわれている。液晶に保護フィルムを貼るような感覚で、エアコンの室外機にも様々な保護がなされるのである。観察してみよう。

●これは違う

勘違いするといけないので、まずは”これは違う!”というものを紹介。

cover_2

↑ これはエアコンを守ってるのではなく、温風の吹き出る向きを変えるためのもの(ルーバー)なので、今回の趣旨からは外れる。

cover_1

↑ とはいえ、このような手作り感あふれるのもある。ふんどしみたいになってるし、これはこれで良い。

●檻タイプ

ここからが室外機を守るものたちである。

まずは、室外機を檻で囲って、外敵を完全にシャットアウトするタイプ。

cover_3

↑ 比較的、隙間の大きい檻。バールのようなもの程度の攻撃なら防げるが、長い槍のようなもので攻撃されるとダメージを受けるかもしれない。あと脇が甘い。

cover_4

↑ さらに強化された檻。これなら槍での攻撃も防げるかもしれないが、逆にメンテナンスするときは大変そう。

cover_6

↑ 攻撃を防ぐだけではなく、周囲の景観に配慮して設置されていると思われる檻もある。

●日よけタイプ

「室外機も暑かろう」という、所有者の心意気があらわれる日よけタイプ。猛暑のなか室外機は頑張ってくれているので、本当は室外機もエアコンの効いた部屋に待避させてあげたい! と思っている方もいるかもしれない(矛盾)。

(注: 本当のところは、室外機の温度上昇を防ぐことで、排熱効率を高める効果があるとされます)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↑ まずは控えめな日よけ。車のサイドガラス用の日よけを流用していて、「まぁ、気持ち涼しいかなー」程度。

cover_10

↑ 凝ってくると、だんだん自作したくなるのだろう。ただ丁寧に作ってはあるけれど、ひさしの部分が短くて、何のために置いてるのかよく分からなくなっている。もしかすると、近隣住民に植木鉢を乗せられないよう、わざと傾斜を付けたのかもしれない。

cover_9

↑ さらに凝り出すと、このようなちょっとした家みたいな佇まいになる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↑ そして、日よけの他に檻も兼ねているタイプ。これが涼しそうかと言われるとそうでもなく、逆に室外機の排熱性能が落ちている可能性もある。あまり過保護すぎるのも考えものである。

cover_12

↑ さらに過保護な例。上に伸びる配管と、足下の台座を見ないと、もはや室外機であることすら分からない。逆に暑苦しく感じてしまう。

●鳥よけタイプ

鳥よけが付いてるタイプ。あまり見かけない。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↑ 屋根にも鳥よけが付いてるし、ここの家主は相当の鳥嫌いに違いない。

●小便よけタイプ

最後に、小便よけ。

cover_13

↑ なんだかんだで、この守り方が一番強そうな気がした。