2004年03月19日

四国一周 2日目

●高知 801(特急 南風6号)1004 児島
2日目の朝、通勤・通学の人たちが眠そうにしている中、高知駅でアンパンマン列車を向かえる。アンパンマンのペイントがしてある列車で、最近では徳島にも乗り入れるようになり、四国中で走るようになった。
このアンパンマン列車の中で、アンパンマン列車スタンプを押す。あとで分かったのだが、ちょうどアンパンマン スタンプラリー期間中だったようで、いたるところでアンパンマン関係のスタンプがあった。ただその代わりに、昔からあるスタンプはほとんど撤廃されてしまった模様。結局、今回の旅行中に見つけたスタンプは、アンパンマン関係が8種、わたしの旅スタンプが2種、それ以外が2種だった。アンパンマン強し。

閑話休題。このアンパンマン列車で、この旅初のグリーン車にして、人生初のグリーン車に乗車。JR四国のグリーンは他と比べて大したこと無いらしいんだけど、それでも随分快適である。
そのまま瀬戸大橋を渡って四国を抜け出し、児島まで行く。

●児島 1027(快速マリンライナー19号)1042 坂出
切符が使えるのは児島までなので、ここで引き返す。わずか15分だけど、新型マリンライナーのグリーン車に乗車。
2階席だったけど、シートピッチは狭く、天井も圧迫感があって、あんまりグリーンという感じではないかなぁ。それでもグリーン席は満席だった。

新型は変な顔だ。

●坂出 1048-1053 宇多津 1105(しおかぜ7号)1309 松山
特急への接続のため宇多津まで移動し、そこからJR四国のドル箱、特急しおかぜ。グリーン席もほぼ埋まっていた。小市民なワタシには、グリーンに乗ってる人が全員ブルジョアに見えてしまう。

●松山 1318(特急 宇和海11号)1350 伊予大洲
松山に着いたが特に何をする時間もなく、今度は宇和島行きの特急で南下。松山以西の予讃線には、山回りで内子線経由の新線と、海回りの旧線があり、特急は全て新線を通る。そのため、乗換駅の伊予大洲まで行って、そこからの普通列車で海回りの旧線へ。

●伊予大洲 1402-1452 下灘
海回りの途中には、青春18きっぷのポスターに過去3度登場という、有名な下灘駅がある。ここで下車。
天気も良かったため、海がかなりキレイに見えた。それに加えて、駅の雰囲気が良い。柵に近所の住民が洗濯物を干しているのなんて、生活感がありすぎ。

他にも写真を撮ってる人がいたけど、列車が去った後にそそくさと自動車で帰っていった。なんと合理的な。
ワタシはというと、次の列車が来るまで1時間半、ベンチに座って海を見ていた。非合理のカタマリである。

●下灘 1620-1700 松山
再び松山に到着。日が暮れる前に中央郵便局前のポストの上の像を捕捉し、路面電車で道後温泉へ。行ってみると、温泉で のぼせた人がいて騒然となってたが、温泉は温泉だった。

この日は、これにて終了。

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nekopla.com/nnk/mt3/mt-tb.cgi/46
コメントする