2004年05月29日

今日の出来事

吉田戦車の「山田シリーズ」単行本発売記念の日記。
改めて山田という動物の愛らしさと、そのセリフの言い回しに惚れ惚れするワタシであるよ。

さて夏の臨時列車情報が出たようなので、そろそろ夏の予定を立て始める時期。今夏はがんばって、未踏の地、東北まで行きたい。
断片的にいろいろ移動手段を考えてるんだけど、ひとまずは徳島線で阿波池田まで行って、そこでムーンライト高知を迎え撃つというプランを考える。阿波池田までは別料金になるけど、ML高知が阿波池田でちょうど日付をまたぐので、徳島から本州へのアクセスとしては結構いい感じではないかと。もちろん18きっぷを使うときにアドバンテージがある話。いきなり早朝の京都駅から移動を始められるのは魅力的である。

いろいろと思案中だけど、この日程を考える過程が鉄道旅行のおもしろさの大部分を占める、と最近思い始めた。最初は行き当たりばったりの旅に魅力を感じていたけど、事前にその日の移動行程をきっちりと組んで、その後自分の考えた行程を遂行して悦に入るというのが、この春からの旅のスタイル。
参考文献は、宮脇俊三「時刻表2万キロ」ということで。

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nekopla.com/nnk/mt3/mt-tb.cgi/75
この記事へのコメント

旅行プランニングに必携なのが「国内格安旅行ガイド」(イカロス出版)。私は毎年買ってます(この本は今年から改題した)。
東北遠征には、JR東日本エリア限定発売の「北海道・東日本パス」というものもあります。例年、発売情報の公表から発売開始まで間があまりないです。去年のニュースリリース(参考までに)↓
http://www.jreast.co.jp/press/2003_1/20030707.pdf

Posted by: at 2004年06月01日 23:17

情報どうもです。
なんか去年も聞いた気がしますが、その本よさげですね、探してみます。
北海道・東日本パスは18きっぷと併せて使おうかと考案中……
なんですけど、そうすると必然的に長期旅行になってしまうんで、なかなか難しい感じです。悩ましい。

Posted by: かわうそ at 2004年06月02日 17:29

> なんか去年も聞いた気がしますが、
そうかも知れませんw
毎年5〜6月、連休が一段落して夏休みの計画でも、っていう時期に出ますね。

Posted by: at 2004年06月02日 21:43
コメントする