2005年08月10日

関東甲信越周遊 3日目

黒部立山アルペンルートの長野側入り口,信濃大町からスタートしたこの日は,多少のトラブルに見舞われながらも,日本海側から北関東へと ひた走る。

信濃大町

昨晩からのムーンライト信州。
断続的な睡眠を繰り返しながらウトウトしていると,気付いたらすでに信濃大町だった。ML信州はこの先の白馬まで行くが,接続待ち時間も長いので,一旦 信濃大町で下りようと決めていた。窓越しの駅名標で「信濃大町」であることを確認し,忙しく荷物を持って列車を飛び降りた。

天気は非常に眠い。
信濃大町で下りたのは,ほぼ全員が登山客だった。早くからやっている観光案内の人が,この先へ行く登山客にタクシーの相乗りなどを取り計らう。おかげでみな効率よく,それぞれの目的地へと散っていく。
やがて駅は静かになり,残ったのは電車でさらに先まで行く人たち。そんな人たちも次の始発で行ってしまった。ワタシはさらにその次の便まで待つことにした。

大糸線 信濃大町〜南小谷

そのうちに地元の人たちが集まってきたが,その人らの大半は松本方面へ向かうようだ。逆方向の南小谷行きに乗ったのは,ごくわずかな人だけだった。車内は閑散としている。

徐々に雨が強くなってきた。聞こえるのは,雨音とモータ音とレールのジョイント音のみ。全く人の気配がしない。
車窓を覗くと,木崎湖が霧がかって神秘的な表情を見せていた。

大した客の入れ替わりもなく,やがて電車は静かに南小谷に到着した。

南小谷

南小谷では,ML信州〜始発の乗り継ぎで先着していた人たちが,すでにホームに列を作っていた。まだ次の列車まで40分以上ある。

一度駅舎の方まで行ってみたが,ますます激しくなる雨のせいで全く外には出られない。山の中だし,このままだと列車の運行に支障をきたすのでは……。そう思っていた矢先,大雨のため制限30km/hで運行するとのアナウンスがあった。早朝にして,いきなり先行きが不安である。

アナウンスどおり,始発列車は徐行で出発した。ずっと制限30km/h,はっきり言ってめちゃくちゃ遅い。かと思ったら,トンネルに突入するやいなや急激に速度を上げて遅れを挽回しようとする。雨による制限だから,トンネル内は関係ないのか。でもトンネルを抜けると急激に減速。30km/h。

運転士の検討むなしく,結局終点の糸魚川には13分ほど遅れて到着した。そして,悪夢のようなアナウンスが流れる,「北陸線への接続は取りません」と……。

糸魚川

大糸線の途中,運転士が糸魚川で乗り換えをする人数を調べていたので,接続を期待をしていたのだが……。さすが特急王国,北陸本線。わずか5分でも待つ余裕は無いらしい。
しかたがない,次の列車に。えーと,次は……2時間後……。

駅の待合室で時刻表を広げる人々。ワタシも時刻表と格闘してみたが,ここで2時間待ったとしても,その後の接続が良いとは言えない。
ということで,しぶしぶ特急ワープを決断。次の「はくたか」に乗り込んで,一気に直江津まで突っ走った。特急,はやっ!
途中にあるトンネル駅「筒石駅」を見たかったが,もちろん通過なので,早すぎてよく見えなかった。無念。

直江津〜長岡

直江津から再び普通列車の人となり,長岡を目指す。
直江津から柏原までの区間は,日本海沿いを走る。車窓を見ていると あちこちに海水浴場があり,駅に着くと たまに海水浴客を拾っていく。

途中,日本海に一番近い駅として知られる青海川を通った。本当に日本海が間近! いつか降りてみたい駅である。

上越線

長岡からは上越線。さっきまで海だったのに,どんどん山奥に入っていく。
この前の地震の被害にあった小千谷を通る。小千谷駅のホームでは,ずっと「エリーゼのために」が流れていた。どうやら発車メロディっぽいけど,なぜエリーゼ……?

その後,越後湯沢で乗り換え,水上行き。二つのループ線でもって,山越えをする。注意して見てたけど,ループ線の様子はよく分からなかった。
これら二つのループの中間にある土合駅は,先ほどの筒石駅と並ぶトンネル駅。ここでは合宿中っぽい大学生の集団が下車していった。こんなとこで合宿してるのか……。残念ながら上り線は地上駅なので,またしても地下駅を体験することは出来ず。無念。

再び高崎

水上でもう一度乗り換えて,高崎行き。ここまでくるとオール・ロングシートの車両になった。つまらないのでウトウトしていると,約一時間で この日の宿泊地,高崎に到着した。(昨日も来た気がするけど)

峠越えをしたのは昨日だが,やはり定番ということで,おぎのやの「峠の釜飯」を高崎駅で購入して晩ご飯とする。釜は重いので,他の荷物と一緒にホテルから自宅へ配送〜。

詳しい旅程

信濃大町 612〜711 南小谷
南小谷 757〜903 糸魚川(大雨のため出発2分遅れ,到着13分遅れ)
糸魚川 945〜1007 直江津(特急はくたか5号)
直江津 1041〜1211 長岡
長岡 1233〜1355 越後湯沢
越後湯沢 1505〜1544 水上
水上 1547〜1649 高崎

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nekopla.com/nnk/mt3/mt-tb.cgi/230
コメントする