2008年04月30日

帰省ツーリング

GW後半に知り合いとツーリングに行く予定も入ったので,今回はバイクで帰省することとなった。なんだかんだで普段はあんまり乗らないから,こういうときに乗ってやらないとね。

大阪から実家まで普通に帰ろうと思うと,和歌山からフェリーで帰るか,淡路島経由で帰るかの2ルートがある。和歌山経由はほとんどフェリーに乗るだけであっという間に着いてしまうので,今回は淡路島経由で帰ることにした。


−−−


通勤時間帯を避けて,10時頃に寮を出発する。明石までは50kmくらいの道のりなんだけど,まぁ信号の多いこと。全然進まない。やっぱりこの区間は高速に乗るのが正解なんだなぁ,と思いながら,たっぷり2時間かかって第一の目的地に到着。表定速度は25km/hか……。



目的地とは,明石から淡路島の岩屋までを結ぶ「たこフェリー」の乗り場。
河内家菊水丸が歌う「たこフェリー音頭」のラジオCMが妙に印象に残っている。最近はラジオを聞かないから,最後に聞いたのは10年以上前だと思うんだけど,未だに覚えてるなぁ。そんな懐かしさもあって,明石大橋を渡らずにフェリーに乗ることにした。




明石海峡大橋をくぐって,対岸の淡路島に向かう「たこフェリー」。マスコットの「たこ」もなかなか良い感じだ。



航行時間は20分くらいで,あっという間に淡路島。

−−−



とりあえずフェリーを下りたところで給油を済ませ,近くにある道の駅で休憩をとってから再出発。さすがにバイクが多いなぁ。



淡路島は島の東の道を行くのが一般的らしいのだが,西の方が景色がいいと何かで見たので,西に進路をとる。道はずっと海岸沿い。交通量もほとんど無くて,すごく楽で楽しい。




たまに止まって写真を撮りながら,のんびりと進行。高速道路だと45分の淡路島だが,下道で のんびり行っても,1時間半ほどで端から端まで走り終えた。
写真は,謎のたまねぎ型オブジェ。

−−−



淡路島から四国に渡るには,高速道路しか手段がない。その昔,徳島から原付で鳴門大橋までは行ったんだけど,それ以上はどうやっても行けないので泣く泣く引き返した思い出が。

今回は下道を走って帰る目標だが,こればかりはどうしようもないので,一区間だけ高速に乗る。
バイクだと,料金所の通過がすごく面倒で気をつかう。一旦料金所手前で止まって準備する手法で,なんとかスムーズに通過することができた。あんまり使わないだろうけど,ETC付けようかなぁ。

−−−


徳島に入ると,あとは勝手知ったる地元の道。そのまま実家に帰宅した。所要時間は6時間くらいであった。

案の定,うちの犬には新しいバイクが怪しく見えたようで,私がヘルメットを取るまでひたすら吠え続けられた。

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nekopla.com/nnk/mt3/mt-tb.cgi/528
コメントする