2010年10月24日

タイムカン10年

 去る2010年10月21日、タイムカンを地中に埋めてからついに丸10年が経過した。

 タイムカンの説明はもうしないけれど、私を含む3人(ねこの國ドットコムジャパンの面々)で、そのタイムカンを地中に埋めたのである。それが今から10年前、2000年10月21日のこと。当時私は高校生であった。



埋蔵当時の貴重な写真


 あれからいくつもの季節が過ぎ、高校生、大学生、大学院生を経て、しがないサラリーマンとなった今でも、あの時の様子は鮮明に覚えている。この10年間は、つねに地中に埋めてあるタイムカンと気持ちを共にし、そして変化を共にしてきた(腐ってきた、という意味では決してない)。発売当時の、今となっては意味不明なタイムカンへの入れ込みから始まり、一年に一度の開封の待ち遠しさ()、そして無念の回収決定()から、なぜか浮かれてしまったテレビCM放映()まで、私の10代後半から20代の歴史において、大きなウェイトを占めることになったのがこのタイムカンなのである。

 10年前の日記が残っているので、引用してみようと思う。ここで古びた日記帳でも出てくれば趣があるのだけれど、あいにく文章はテキストデータとしてHDDに残っており、当たり前だけど全く10年の歳月を感じさせない。デジタル化の弊害がこんなところに! って今はそんな話題ではないので、ひとまず置いといて。

2000年10月19日(木):

 またか、という感じだが、それでもしつこくタイムカン。今度は「タイムカンを埋めてしまおうじゃないか。」という計画が持ち上がったのである。
(中略)
 こんなバカらしい計画だが、前々から穴掘って何か埋めてみたいなぁ、と思っていた私にとっては、実に好都合である。有志は現在、私含めて3人。3人も居れば、すぐにでも実行できそうな勢いである。
 では、どこに埋めるか。タイムカプセルの王道としては、学校の裏庭にあるデッカイ木の根元に埋めたりするのであろうが、あいにくそんな土地柄ではない。埋めた場所に数十年後集合したら、その場所には高層ビルがそびえたっていた、なんて話も無きにしもあらず。ん~、結構場所決めには頭を悩まされる。それに、屋外で穴なんか掘ってるといかにも怪しいしな。夜中にこっそりと、学校なんかに穴を掘りに行くしかないか...。
 しかし、10年後にそれらを掘り出した私たちは何を思うだろう。喜んでカップヌードルが食べれたら、それは成功ですな。そんな日を待ち望みつつ・・・近々計画実行予定。

2000年10月20日(金):

タイムカン埋蔵計画が動き出した。今日、有志で集まって、具体的な話し合い。とりあえず、側面の「10年後、開封する自分へのメッセージを。」の欄は記入する、というのを決める。痛いなぁ、自分宛てのメッセージほど、後で読んで痛いものはない。
 そして問題の場所の方は、"●●"でほぼ決まりそうである。知り合いが鍬(くわ)を持っているらしいので、夜中にエッサホイサと鍬をかついで●●に行き、人知れず穴を掘ってブツを埋める。掘ってる途中で人に見られたら、死体を埋めているのと勘違いされそうである。怪しい(笑)。

2000年10月21日(土):

 うひゃ。ついに埋めてきてしまった、タイムカン。なんだか予想以上に時間がかかって、結局穴を掘るだけで1時間以上もかかってしまった。夜も11時を回り、傍らを通りすぎて行く補導員に怯えながら、せっせと穴を掘り、そしてついに埋められたタイムカン・・・。あぁ、穴を掘るって素晴らしいなぁ♪


 当時の懸念であった「10年後にも掘り出し可能な土地であること」というのは、現時点では満足している。しばらくマウントポイントには行っていないが、10年前となんら変わらない様子であることには間違いない。

 それはさておき、こんなしょうもない日記でも当時を思い出す貴重な資料となりえるし、そして何より私自身がとても懐かしい気分に浸れている。10年前の私は、いまよりも遥かに何かを残すことに情熱を燃やしていて、それがこの「ねこプラ」であって、タイムカン埋蔵計画なのであった。あの頃の未来である今の私はというと、間接的ではあるにしろ、多くの人に記録・記憶を残してもらうための仕事に就いている。それを思うと、案外こういうところに自分の原点があったのかなぁ、なんて漠然と思ったりもする10年後の私なのであった。

 で、いつ掘り起こすのかって? 実はまだ、日程の調整が付けられていないという……。年末年始には、なんとか3人全員で集まりたいねぇ。それまでなんとか持ちこたえてくれ、タイムカン!

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nekopla.com/nnk/mt3/mt-tb.cgi/782
コメントする