郵便局からの年賀状 2016

※この記事は年に一度、正月頃に更新されます。
作成日:2013年5月13日、最終更新日:2016年1月5日

ここ数年、郵便局から届く年賀状を集めてる。郵便局というか、正確には日本郵政グループが差出人で、年賀状というか、正確には年賀状じゃないかもしれない、何かそういうの。地域性があるのかどうかも分からないけど、私のところでは毎年、年賀状の束にこれが1枚はさまって届けられる。

ネットを探しても、この「郵便局からの年賀状」に関してはあまり情報がない。検索しづらいので見つけられないだけかもしれないし、誰も興味がないのかもしれない(後者の可能性が高い)。

私もそんなに能動的に集めてるわけでもないけれど、せっかくなので、私が持っている2009年以降の年賀状を並べておくことにする。

■ 2009年

2009_omote 2009_ura

■ 2010年

2010_omote 2010_ura

■ 2011年

2011_omote 2011_ura

この頃は、表にタレントからのメッセージが、裏に社長からのメッセージが書かれていた。

■ 2012年

2012_omote 2012_ura

■ 2013年

2013_omote 2013_ura

それが2012年の年賀状から一変する。表は、どこかの地方+配達員の後ろ姿+「人の心が、年の初めに届く国。」のキャッチコピーになった。そして、裏は広告。

2013年からは、写真の場所が明記されるようになっている(2013年は、京都府美山町かやぶきの里北村)。このまま「青春18きっぷ」のポスターみたいな雰囲気になっていくと集め甲斐が出てくるんだけど、さて来年はどんな風になるのだろうか?

2014年1月追記
■ 2014年

2014_omote 2014_ura

2012年、2013年に引き続き、「どこかの地方+配達員の後ろ姿」シリーズとなった2014年。写真のロケ地の記載がないのは残念だが、今回注目すべきはキャッチコピーである。

2年連続で「人の心が、年の初めに届く国。」だったキャッチコピーが、「一月一日、年賀状は人の心に届いている。」へと変更になった。

昨年、「青春18きっぷのポスターみたいな雰囲気に……」と言ってたのが、にわかに現実味を帯びてきた。来年の図案がどんな風になるのかで、今後の方向性が決まってきそうな気がする。1年後を楽しみにしておこう。

裏面は裏面で変化があった。2012年、2013年はただの広告であったが、2014年は広告にタレントが起用された。

毎年変化する郵便局からの年賀状。次回、2015年の1月の更新をお楽しみに。

2015年1月追記
■ 2015年

2015_omote 2015_ura

さて、やって来ました2015年。今年も郵便局からの年賀状は届いていた。

さっそく図柄を見てみる。メイン写真は、もうお馴染みになった配達員のいる風景シリーズ。今年も撮影場所は書かれていないので不明である。

そして注目のキャッチコピーは、「年賀状が届く。一年がはじまる日に、大切な人を思う。」。ここを毎年変えてくるんじゃないか、という昨年の予想は的中した。

今年は、写真とキャッチコピーのコンセプトも定まり、いよいよこのシリーズも安定期に入ってきたと言えるだろう。おそらく来年も、大きな変更はないと思われる。

ところで、何気なく届いてるこの紙だけど、一体何枚刷っているのか気になる。調べてみると日本の総世帯数が約5500万とのことなので、仮に全世帯に配布されているとすると、発行枚数は5500万枚ということになる。本当に? 現実感のない数字である。

すぐ捨てる人も多いだろうし、他の年賀状と一緒にしまいこむ人もいるだろう。いずれにせよ、国内に莫大な枚数が存在し、それなのに意識的に見ている人、集めてる人はほとんどいないんじゃないかという、何だか不憫な紙である。

次回、2016年の1月の更新をお楽しみに。

2016年1月追記
■ 2016年

2016_omote 2016_ura

さて、毎度おなじみ「郵便局からの年賀状」である。
同じ事を毎年やってると、もうあんまり気の利いたコメントも出てこないのだけれど、飽きずに更新。

今年も、片面は風景写真、もう片面がタレントという、ここ数年のフォーマットを踏襲している。
違いがあるとすれば、今までの風景写真にはバイクが写っていたのが、今年は郵便車になっているところだろうか。そんな何気ない変更に気付くことができるのも、毎年見ているおかげである。あと社長のサインが毎年同じである、というのもさっき気付いた。これはいい気付きである。

タレント写真の方は言及すると消されそうなので(事務所的に)ノーコメントとしたい。

次回、2017年の1月の更新をお楽しみに!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


+ 八 = 13

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)